台所・蛇口トラブルの際にクラシアンの工事

クラシアンでお願いする方が多い故障個所

家の中でも多くの時間使用されているのが台所です。そのため、最も劣化が早いスポットでもありますし、同時にクラシアンにトラブルシューティングを依頼する件数の多い場所でもあります。

特にクラシアンに依頼される台所の水回りの中でも、比較的トラブルが多いのが蛇口付近の水漏れです。しっかりと締めているのにポタポタと水がしたたってくるような場合は、パッキンなどのゴムが劣化して水が滲みだしています。ハンドル部分からもジワジワ漏れてくる水漏れも、それと同様にパッキンなどの劣化が考えられます。

このような症状の場合には、クラシアンに依頼して、新しいパッキンと交換してもらう必要があります。パッキンの劣化はそのままにしていても症状は改善しませんので、なるべく早い段階でクラシアンに連絡をするのがおすすめです。

また次に多いのがシンクの水が流れないなどのトラブルです。台所の排水溝には色々な物が流れます。油物であったり、細かい野菜やお肉のくずなどが流れてしまうと、どうしても排水溝が詰まってしまいます。そのまま放置してしまうと悪臭の原因となってしまったり、ひどい場合にはコバエが湧いてしまう可能性もあります。自分ではどうしようもない台所のトラブルに遭遇した場合には、なるべく早くクラシアンに相談するのがおすすめです。